本当に引退となってしまうのか E3系R編成

こんにちは、ナオキです。


私は鉄道が大好きです。
そう、いわゆる鉄オタです。


今日は新幹線のE3系R編成について
お話ししたいと思います。

s-DSC_6248.jpg

E3系は1997年に開業した
秋田新幹線のこまちとして登場した車両です。

最初に登場した0番台がR編成で、
その後山形新幹線つばさ用として登場した
1000番台、2000番台はL編成です。


E3系は新幹線らしい形状で
気に入っている車両です。


特にR編成は
白とグレーにピンクの帯という
落ち着いた塗装でかなり好感を持っています。


以前の記事で、
新幹線で好きなのは0系、100系、200系のみ
と書いたことがあります。

もちろんその思いは変わってないのですが、
それらが大好きだとすれば
E3系は普通に好きといったところです。


ちなみにL編成も好きだったのですが、
残念ながら変な塗装に変更されてしまったため
今は興味のない車両になってしまいました。


その後、
2013年に後継のE6系が投入されると
徐々に数を減らしていき、
2014年3月のダイヤ改正で
ついに引退することになってしまいました。


最後に撮影しておこうと
2014年1月に北斗星に乗った帰りに
田沢湖まで行きました。


田沢湖駅にて。

E3R2.jpg


E3R.jpg

雪の中を走るE3系R編成が
とてもきれいだったのを覚えています。


s-IMG_4598.jpg

「ありがとう」のステッカーも
掲示されていました。


この時はE3系R編成が引退になると
思っていたのですが、
その後、嬉しいニュースが飛び込んできました。


R21・R22の2編成が
東北新幹線の「やまびこ」「なすの」として
運用され続けるというのです。


秋田新幹線としては運転されませんが、
東北新幹線としては
まだしばらくは見ることができるということで
ホッとしたのを覚えています。


2編成しかないため
ちょっとした特別感もあり
東北新幹線に乗る際には
あえて乗車するということもやってました。


ただあくまで臨時的な措置だろうと思っており、
そんなに長くは続かないだろうと
予測してましたので
ダイヤ改正の度になくなってしまうのではと
びくびくしていました。


ただ嬉しいことに
予測に反し2015年も、2016年も、
その後もずっと
引退することはなく
しぶとく生き残り続けました。


しかし
意外な形でその終了はやってきました。


それは2020年、
新型コロナの影響でした。


利用者が減少したことから
11月1日から
E5系+E3系の16両編成で運行されていたものを
E5系のみの10両編成にすると
JR東日本が発表したのです。


あくまで当面の間ということでしたので、
コロナが終息したら
また復活することも考えられますが
いつになるか分からない上
もしかすると
そのまま引退になってしまうことも
十分に考えられます。


それを知ったのが
すでに10月に入ってからでしたので
残された時間は
あと1ヶ月しかありませんでした。


事実上の引退という思いで
最後の姿を残しておかなければと思いました。


まずは大宮で撮影しました。

s-20201017_165855.jpg

こうして見てみると
やっぱりなかなかカッコいいですね。

ピンクという色が鉄道車両としては珍しく
オシャレだなと思います。


続いて東京駅にて。

s-20201018_093145.jpg


s-DSC_6183.jpg

真横からのスタイルも気に入ってます。


s-DSC_6174.jpg

いつもの通り、駅名標と絡めて。


そして再び大宮駅にて。

s-DSC_6224.jpg


s-DSC_6540.jpg

ホームにあった乗り場案内です。

車両のイラストが描かれており
なかなかいい感じです。

こちらはL編成も好きだった頃の
塗装のままでした。


いい感じで撮ることができたので
この時点で結構満足できてました。


そして最終日の10/31。

ラストランになるかもしれないので
最後の姿を見送りに行くことにしました。


夕方、東京駅を発車する下り列車は2本です。

まずは1本目のやまびこ215号を撮りました。

s-20201031_172930.jpg

このくらいの角度で撮ると
先頭のシャープさがより際立ちますね。


次のなすの265号が
東京を発車する最後の列車となります。

こちらは那須塩原行きとなります。


最後に乗車することにしましたが
宇都宮で到着シーンを動画撮影したいと思い
先行列車で先に宇都宮まで行きました。

宇都宮では5分停車するので
撮影してから乗車することができます。


宇都宮にて。

s-DSC_6719.jpg

こう見ると先頭部分の長さの違いが
よく分かりますね。


そして終点の那須塩原まで乗車しました。

s-DSC_6740.jpg


s-DSC_6743.jpg

各駅停車のなすのということで
乗客はほとんどいませんでした。

この乗車率を見てしまうと
残念ではありますが、
16両編成から10両編成への短縮も
やむを得ないと思います。


s-DSC_6747.jpg

車内案内です。

こういったものも
もしこの乗車が最後だとすると
二度と撮れなくなってしまいます。


15分弱で那須塩原に到着しました。

s-DSC_6771.jpg

駅名標を絡めて。


s-20201031_193039.jpg

反対のホームから全体を。

ここでは10分ちょっと停車してましたので、
最後の姿を
十分目に焼き付けることができました。


そして回送列車として発車していきました。


果たしてこの先
再びE3系R編成が走っているところを
見ることができるのか。

可能性は低いかもしれませんが、
そんな日を心待ちにしたいと思います

s-DSC_6237.jpg

E3系R編成の復活を望んでいるあなた
その熱い思いを
ぜひ以下メールアドレスまでお送りください。

naoki.imadon@gmail.com


【関連記事】

東北・上越新幹線の初代車両
200系(やまびこ、とき、あおば など)


初の2階建て新幹線

東海新幹線からの引退迫る
700系(のぞみ、ひかり、こだま)


この記事へのコメント